2011-02-10

小杭好臣先生(大僧正?)

今回のサプライズは仏教会(Buddhist Churches of America)の小杭好臣先生がゲストに来られ、お話をして頂けました。

写経の会 2-7-11 011



写経の会 2-7-11 016
小杭先生はアメリカの浄土真宗仏教の最高位の僧侶で、お寺に居て一般の人にお話しするのではなく、全米65か所にあるお寺・僧侶の指導にあたられている方だそうです。

だから、今回我々はすごくラッキー

乃助さんから聞いたお話しですが、今の日本人の僧侶でこちらのお寺に来る人はすごく少なし、こころざしがない人もいるとか。しかし、アメリカ人は真摯に道を求める人も多いので、その人達のためにこちらで僧侶になるプログラムを作られたそうです。それまでは日本に行き、日本の浄土真宗の大学に何年か通わないと行けなかったのが、こちらに居て学べるようになったと。

お話からも感じられたかと思いますが、宗派に拘らず、仏の教えを普及することに尽力されているそうです。


出席されなかった方も居られるので、印象に残った先生のコメントとかお話しを書いておきますが、うろ覚えなんで、覚えている人はコメントして下さいね。

まず、波動が素晴らしいとかおっしゃってました。
まぁ、お寺でもないところで写経をやってるんだから、その点に感心されたようです。
私に「皆さんはどういう経緯で参加されてるのですか?英月さんのお友達ですか?」と言われたので、かいつまんで説明しときました。

テキストにも興味深々で、英月さんが作ったのを使ってますと説明したけど、どういうわけか毎月英月さんがメールしたのを使っていると誤解されてましたが、あえて訂正せず。
「(正信偈を)現代風に書いているのは素晴らしい」とか、「私は“親鸞さん”(法蔵くん?)なんて言えんもんね」というのはおかしかった。
*英月さんに聞かしてやりたい。


写経の会 2-7-11 013

仏教とは何か?
と言われると、「迷いを転じて悟りを得る」と答えていると。

迷いを無くすのではなく、それが転じる。
渋柿が甘柿になるように、柿自体は変わらないけど、自然と甘柿になる。転じる。

怒りもそれがそのまま転じ、感謝が出てくる。

しかし、この世には怒りがそのままの人もいて、それで相手を殺したりするけど、それでもその怒りはそのままで、地獄界に通じる。
*ここんとこはちょっと自信がないです。はっきり覚えてない。

そして、小杭先生が70年代にクリーブランド(?)に居た時の話。

ある病院でエイズ患者がいて、末期なのでキリスト教の牧師とかがお祈りをし、仏教会からも誰か来てくれないかと言うので病院に行きました。

ガリガリにやせ細った患者を前に何も言葉が出て来なかった。
そういう時はあえて言葉をいわずに、そのままにしとくのがいいのでそのままにしておいた。

すると患者が、「今まで色んな牧師とかが来てお祈り等をしてくれたけど、どうして黙っているのか?」
私は死ぬかもしれないんだと言ったら、先生は私のほうが先に死ぬかもしれない。これから家に帰る途中で交通事故に遭うかもしれないから、あなたはここで寝てるだけだからいいけど、私は分からない。
すると、そういう風に言われたことはないと患者は考え込んだそうです。

翌日病院から電話があり、この患者がもう一度会いたいというので行ってみたら、昨日あれから一睡も出来なかったと。考えてみるともういつ死ぬかもしれない私に、医者、看護婦等々の人々が助けてくれていると言った。

その後病院の人が先生に「あなたはいったい彼に何をしたのか?」と言うほど変わり、人々に感謝するようになったそうです。

先生には「エイズになって本当に良かった。あなたに会えたし、この気づきにも感謝している」と。

その後彼は亡くなったそうですが、先生にこのお金で飲んでくれと百数十ドルを残していったそうです。



この素晴らしいお話の後、一緒にお茶会をしましたが、「ところで先生は何宗の人ですか?」とか、仏教会の場所が分からず、「あぁ、桑港寺?」とかの質問にはずっこけてたと思います。
普段は人々から丁重に扱われているだろうに、田中さんも先に帰られたし、粗相があったと思うけど、また来て頂けるんでしょうかね






スポンサーサイト
プロフィール

たっくんさん

Author:たっくんさん
月に一度、第2月曜日の夜6時から、SFジャパンタウンで写経の会をしています。
写経と言っても堅苦しいことは一切なし!真面目に写経しても、絵を描いてもなんでもOK!
静寂の中で自分と向き合い、心のままに過ごすひと時です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR